「かっこいいだけじゃない!」BWC SW1911SC E-Series 2022 その1 このモデルについて

お酒で失敗したことって、ありますか?

暴言を言ってはいけない偉い人に
とんでもないことを言っちゃったり、

真冬の路上で寝過ごして
救急搬送されたり・・・。

※僕はどちらも経験してません。

僕の場合は、

「ボーナスが入った酔っぱらった花金にオークションで
とんでもない高額商品をポチってしまう」

がやってしまうやらかしです・・・。

過去にはこちらのモデルガンなどは
お酒に酔った勢いでポチってしまい、

後日、店頭で見つけた価格の方が
安くてショックを受けた覚えがあります。

(大変調子が良いモデルなので
いい買い物でした。)

で、今回も同条件で
「かっこいい」
だけでポチってしまった、

かっこいいカスタムモデルガンと言ったらこのメーカー、
のとあるモデルガンのご紹介です。

BWC SW1911SC E-Series 2022

ガンショップFIRSTさんがやっている
「中古侍」という中古品買取のサイトさんが
オークションにて出品していたモデルです。

かっこいいんですよ。
BWCなら当たり前ですけど。

中古侍さんには中古品の買取でお世話になってます。
(トラブルやら発送作業やらが嫌なので
僕はネットショップの中古買取を利用しています)

で、ほとんど新品状態で入荷とのこと。

実はBWCのSW1911PCを新品購入していて、
SWのこのスーパーかっこいいシリーズは
もういいかなぁ、と思っていたのですが、
(財布が持たない)

酔っぱらった頭でみたSCに対して、
「この子も欲しいなぁ」
と欲望が渦巻き始めました。

価格をみると、新品よりは安くなっている感じ。

・・・気がついたら、ポチってました・・・
おバカです・・・。

箱はいつものシンプルな外装。
値段は目玉が飛び出るクラスですが。

BWCは中身で勝負するメーカーさんなので
モデルガンも透明なビニール袋に入れた上で
白い梱包材に包んで、

さらにサンペルカという黒いスポンジ状の梱包材で守った上で
出荷するという安全仕様。

また取説は綺麗でみやすいです。

ちなみに、本モデルは
過去に発売したモデルの小改良バージョンなので
改良部分について左の取説で説明があります。

左の取説はこんな感じでカラー写真が掲載されていて、
雰囲気がとても良いです。

スライド後端は反射防止?のセレーションが
掘られています。

マズルはすり鉢状にカットされています。

スライド上面にもセレーション。

エキストラクターは外装式で可動します。
(発火した後なのでちょっと錆びてます)
スライドは内側まで塗装されています。

このシリーズの特徴であるウロコ状のカット。
スライドを弾くときに手に食いついて引きやすくなるのと
見た目のインパクトがありかっこいいです。

また、2022ではマコーミックタイプの
トリガーが実装されています。

レーザーでしょうか?刻印がくっきりはっきりで
すごくかっこいい。

グリップです。なんと実銃用。
素手で握ると痛いくらい食いつきます。
見た目も鮮やかな青でとてもかっこいい。

グリップ後端は丸く削られています。
ここら辺はとてもSWオートらしいですよね。
(プリッとした可愛いお尻に見えます)

・・・という形で、何かにつけ
”かっこいい”
という言葉が出るくらいかっこいいです。

リコイルスプリングガイドは
スライド稼働範囲を全てカバーするものが使われてます。

また、赤いバッファーが装着されています。

スライドにウェイトが仕込まれているので
衝撃緩和のためだと思います。

ところで、この長いリコイルスプリングガイド、
はずし方ご存知ですか?
(と言っても、BWCレベルのモデルガンを購入される方なら
周知の事実かとは思いますが)

まず、リコイルスプリングガイドを押して
スプリングを圧縮させます。

すると、スライド先端にガイドにある横穴が露出するので、

そこに付属の細い六角レンチを差し込んで
指を離すと、レンチがプラグに引っかかって
リコイルスプリングが圧縮状態で固定されます。

あとはスライドから引き抜くだけです。

フィールドストリップ後の部品です。

相変わらず、これ本当にベース機はGM-7?
全部オリジナルでゼロから作ったんじゃないの?

って疑いたくなるくらい、
カスタムパーツと追加工てんこ盛りです。

お値段が一番高いお札20人クラスなのも納得できます。

以上、SW1911SC E-Series 2022の紹介でした。

次回は発火していきます。

〜その2へ続く〜

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください