MGCガバメントバレルはヘキサゴンCPでどこまで耐えるか、耐久テストします! ~その6:200発発火結果~

みなさん、こんにちはです(^-^)

前回に引き続き、耐久テストを行っていきます。

今回、ついに200発まで耐久テストを終えました!

それまでの発火の様子と結果をご紹介します。

なお、通常であればカートリッジは3回までクリーニング無しで使用しますが、今回のみ4回使用しています。

1マガジン目(8発)

  • 1、2発目不発。
  • その他トラブルなし。

2マガジン目(8発)

  • 2発飛び出し。
  • その他トラブルなし。

3マガジン目(8発)

  • ノントラブル!全弾発火!

4マガジン目(8発)

  • ノントラブル!全弾発火!

目標回数であった合計200発発火したバレルがこちらです↓

目立った破損はなく、バレル基部も破損の兆候は見られませんでした。

発火前のバレルと比べても↓

特に大きな変形、破損の兆候は見られません。

 

今回のテストにより、純正カートリッジでは100発程度で破損するMGC系ガバメントのバレルでも、タニオ・コバのヘキサゴンCPカートリッジであれば、少なくとも倍の200発は耐えることがわかりました。

私見ですが、全く破損の兆候がないことから、おそらくこれから先200発以上の発火にも耐えると思われます。

その2でご紹介した通り、インナーをCPカートリッジインナー(CP-HWインナー)に交換する必要がありますが、CPカートリッジ自体、大雄ホビーショップなどの中古品ショップでまだまだ販売されておりますので入手は可能です。また、ヘキサゴンCPカートリッジはタニオ・コバより定期的に販売されています。

撃ち味に関しては、非常に重量のある純正CPカートリッジに比べれば若干軽くなるものの、迫力はそん色ありません。

「MGCガバ撃ちたいけど、バレル破損が怖くて撃てないよ~(>_<)」と悩んでいる方は多いと思います。CPカートリッジインナー(CP-HWインナー) + ヘキサゴンCPカートリッジの組み合わせであれば、迫力そのまま・バレルを長持ちさせてバカスカ撃ちまくれます!! ぜひ、この組み合わせを試してみてください!(^^)!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください