「マルシンの”カートリッジ・シャワー”」マルシン MP40(ABS) ~その1:このモデルとの出会い~

みなさん、こんにちはです(^-^)

マルシンのモデルガンキットを組み立て始めた中学生のころ、いつも通っていた模型屋さんのレジ裏に、サブマシンガンの写真がパッケージの大きな箱がずっと置いたままになっていました。

そのお店は電車で5駅くらいのところにあり、その地域では唯一モデルガンを取り扱っているお店で、お小遣いをためて組み立てキットを買っては組み立てて発火していました。

箱には「MP40」の文字。聞いたこともない名前で、値札は18000円くらい。気になったのでとりあえず頭のメモに記入して、帰宅してから318iのジャンクボックスで調べてみました。

すると、「マルシン製で調整なしで絶好調!」「好調すぎてカートリッジが一直線に飛んでいくので発火場所に困る」「なによりフルオート!!」

フ ル オ ー ト !

当時、モデルガンにはまっていた私はもっぱら安いマルシン製ハンドガンの組み立てキットを組み立てていました。ハンドガンだとフルオートモデルはなかなか存在せず「フルオートって、どんな感じなんだろう」と興味深々でした。また、長物のモデルガンを買ったこともなかったので、俄然手に入れたくなりました。

そこで、お小遣いをためてこの大きな箱のMP40を買うことにしました。

買ったときのことは覚えています。予備カートリッジも30発分一緒に購入して、店員のおじちゃんが嬉しそうに包装してくれました。ただ、その包装紙が薄く、中の派手な外装(正面は黒光りする鉄砲、側面は真っ赤な下地にMP40のでかい文字)が透けてしまい、帰りの電車で恥ずかしい思いをしました。

組み立てキットだったのですが、なにせ初めての長物。部品が一つ々々がでかい!しかし、大きなバリ等なく、ハンドガンの組み立てキットよりも簡単に組みあがりました。

初めて発火した時はほんとに衝撃的でした。カートリッジの飛びがいいとのことでしたので、段ボールで簡単な屋根を作り(壁や天井を傷つけると怒られます)、その下で伏せ撃ちしたのですが、

肩にガンガン来る衝撃!

連続する発火音!

ハンドガンとは比べ物にならない煙!

そして、段ボール屋根にあたって降り注ぐ、”カートリッジ・シャワー”

30分くらいかけて込めたカートリッジがあっという間になくなりました。ものすごく痛快で楽しく、そのあとも何度も発火したモデルです。

大変お待たせしました。今回から、マルシン工業の傑作、MP40(ABSモデル)を紹介します↓

と、長いこと思い出話をしていたらずいぶんと語っていました。紹介しますと言って、次の行で終わるなんて前代未聞ですが、今回はここまで!

次回からこのモデルガンの紹介と、あまりに調子よくて1500発以上発火した結果、現在起きているトラブルについてご紹介していきます。

~その2へ続く~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください