「懐かしさ爆発!」東京マルイ 造るモデルガン ワルサーP38 & ロングバレル ~その1:このモデルの紹介(レビュー)~

みなさん、お久しぶりです。

最近更新できなくてすみません。職場でベテランが退職した影響で、仕事が忙しくなっており、あんまりブログ更新の時間を取れていません。(モデルガンは撃ちまくっているので、ネタはたまっているんですけどね・・・)

今回は、とてつもなく懐かしさ満点のモデルガン・シリーズの中でもレアな製品をご紹介します。

タイトルからピンときた方はわかる通り、今回のお題はこちらです。

今は電動エアガンが訓練用に自衛隊に収められている、日本を、いや、世界を代表するエアソフトガンメーカー、東京マルイさん。

そのマルイさんがその昔に発売していた、発火ができる本格的なモデルガンキットです!

そして、先に行ってしまうと、この東京マルイ ワルサーP38のロングバレルは生産数が少ないとてつもなくレアな一丁なのです。

 

実は、このモデルの通常バレルモデルが、私にとって初めてのモデルガンでした。

当時、「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」を観て007の虜になった私は、元々モデルガン好きだった父から、マルゼン ワルサーP99 ガスブローバックを買ってもらいました。それをバシバシ空撃ちする私をみながら、父は小さいころのモデルガンの思い出を語ってくれました。

曰く、「映画のように、火薬で銃口から火を吹き、ブローバックをし、薬莢を天高く舞い上がらせる、モデルガンというおもちゃがあった」と。

で、当時通っていた小さな模型店があるのですが、そのお店ではエアガンも扱っていました。その話を聞いてから行ってみると、エアガンコーナーの片隅に、見慣れない箱が・・・。

興味を持ったと思われたのか、店主さんが説明してくれました。

「これはモデルガンだ。火薬で動くんだ。」

小学生の時は3000円の定価でした。結構な値段ですが、父の話と店主の説明を聞いた私は、興味津々でこのモデルガンキットを購入しました。

・・・今考えると、店主さんも相当モデルガン好きだったみたいですね。(この模型店の店主さんは退役航空自衛官さんです)

 

このモデルガンキット、いまではオークションで5000円でやっと落札です。

おそらく、このまま大事に組み立てずに持っておけば、もっともっと価値が上がり、転売すれば高値が付くのでしょう。

しかし、当ブログを開設してから、9月末で1年になります。(さっき気づきました・・・)

そこで、ブログ開設記念として、このレアものモデルガンを組み立て、発火させたいと思います!(とってつけたような企画です・・・)

制作状況はまとめてブログに紹介していきますので、お楽しみに!

リアルタイムではTwitterで紹介していきます。

~その2へ続く~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください