「The ブローバックマシーン」Mule×タニオ・コバ GM-7.5 M1911A1ミリタリー ~その19:使い捨てオープンカートリッジによるラバーヘッド耐久(トリートメントなし、74発目)~

みなさん、こんにちはです(^-^)

今回から、ブローバックトリートメントを使用しないでラバーヘッドがどのくらい持つかを検証していきます。

前回のオープンハードアルマイトカートリッジの発火からラバーヘッドを変えずに発火します。

使用するのは使い捨てオープンカートリッジです。クリーニング頻度は前回検証時と同じです。

それでは行ってみましょう。

○1マガジン目(7発)

○ここで簡易クリーニング。

○2マガジン目(7発)

  • 初弾発火後、「1マガジン目のジャム」が発生。
  • 2発目発火後、「1マガジン目のジャム」が発生。
  • その他トラブルなし。

○3マガジン目(7発)

  • 初弾不発。
  • 初弾発火後、「1マガジン目のジャム」が発生。
  • 4発目不発。
  • その他トラブルなし。

○ここで簡易クリーニング。

○4マガジン目(7発)

  • ノントラブル!全弾発火!

○5マガジン目(7発)

  • 初弾発火後、「1マガジン目のジャム」が発生。
  • 2発目不発。
  • その他トラブルなし。

◎ここでフルクリーニング。

この時取り外したデトネーターです↓

ここまで59発発火しましたが、随分と汚れています。新品でない使い捨てオープンカートリッジで発火した影響もあるかと思いますが、下にしめしたブローバックトリートメントを使用して50発発火したデトネーターに比べれば汚れが顕著です↓

このことから、ブローバックトリートメントは汚れに対してかなり効果があることがわかります。

○6マガジン目(7発)

  • 初弾発火後、「1マガジン目のジャム」が発生。
  • その他トラブルなし。

○7マガジン目(7発)

  • 3発目不発。
  • その他トラブルなし。

○8マガジン目(1発のみ)

  • ノントラブル!

ここまで74発発火したデトネーターです↓

やはりブローバックトリートメントを使用した場合に比べ汚れています。これがどこまでラバーヘッドや発火に影響するかわかりませんが、よくないのは確かです。

恒例の数値です↓

現時点では、発火に関してそこまで顕著な差はないようです。

~その20へ続く~

まとめページへ

スポンサードリンク



[pc-mieru]

[/pc-mieru]


[sp-mieru]
[/sp-mieru]



[pc-mieru]

[/pc-mieru]


[sp-mieru]
[/sp-mieru]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください