「The ブローバックマシーン」Mule×タニオ・コバ GM-7.5 M1911A1ミリタリー ~その7::ヘキサゴンCPカートリッジによる発火3「バレル破損(58発目)」~

みなさん、こんにちはです(^-^)

ヘキサゴンCPで発火させたら暴発気味なGM-7.5 M1911A1、今日も発火しました。

あいかわらず、MGキャップ火薬が入手できてないので前回と同じ、ヘキサゴンCP+銀キャップ火薬です。

○1マガジン目(7発+1発)

  • 2発目装填不良。
  • 暴発1発発生。
  • 6発目装填不良。

○2マガジン目(7発+1発)

  • 1発目、発火したが排莢されず、そのままチャンバーに戻る。
  • 2発目、発火したが排莢されず、エジェクションポートに引っかかって停止。

・・・ここで事件が発生しました。引っかかったカートリッジを取ろうと、スライドを引きましたが全然動きません。結構力を入れて動かし、マガジンも取り外してエジェクションポートから中を覗いてみると、なぜかバレルリンクのお尻が見える・・・

これは、なんか壊れたかもと分解のためにスライドを切り欠きまで動かそうとするも動いてかない・・・30分くらい格闘したのち、バレルをはずすと変わり果てた姿が・・・

アウトォォォォォ!!!

はい、バレルリンク基部が裂けました。通算発火数を計算してみますと、

58発・・・

す、少ない!GM-5だってバレルが裂けるまで100発近くは耐えます。約半分です。GM-7って耐久性あるんじゃなかったっけ!?

おそらく、今回は以下のような要素が重なりこんなことになったのだと思われます。

  • ブリーチがHW材になったことによるスライド重量増加→他モデルより衝撃が大きい。
  • ヘキサゴンCPカートの質量→オープンカートよりは重く、衝撃が大きい。
  • 頻発した暴発によるフルオート化→2発ずつ排莢されることが多く、負荷が大きい。

とりあえず、モデルガンパーツショップM9で予備バレルを注文しました。3本頼んだので、野口6人の出陣となりました(*_*;

やっぱりオープンカートで撃たなかったのが悪かったのでしょうか。カート質量を考えるとヘキサゴンCPのほうが圧倒的に重いので負荷は大きいはずです。それとも暴発かなぁ・・・。

どちらにせよ、初めてのGM-7系列は発火3回目で衝撃的な結果となりました。自分の個体だけかもしれませんのであくまで参考としてお考え下さい。

ほんとに早くMGキャップ火薬再販されないかなぁ・・・

~その8に続く~

まとめページへ

スポンサードリンク



[pc-mieru]

[/pc-mieru]


[sp-mieru]
[/sp-mieru]



[pc-mieru]

[/pc-mieru]


[sp-mieru]
[/sp-mieru]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください